尼崎にある子供のための音楽教室。お子様ひとりひとりの進度に合わせゆっくり丁寧にレッスン致します。

Twitter
お問い合わせはこちら

にこ音楽教室 NICO Music School

にこのブログ

お手玉を使って

2013.6.10

 

 

ともみ先生とお裁縫が得意な友人による作品
1つ200グラム 

 

 

レッスンではピアノを弾くだけ、じゃなく、歌をうたったり、ドリルしたり
聴音、リズム遊びと様々なことをして音楽を多角的に学んでいますが、
ここに新しいプログラムが加わります。 

「お手玉を使ったバスティンメソード」

音楽にあわせて上になげたり、左右で放りあったりして良い手の形や指作り、
手首の柔軟性を促進します。 

バッハのバッディネリやフォーレのシチリアーノ
といった短い曲にあわせてトレーニングしましょう! 

つづきを読む

No More Jyutan!

2013.6.05

じゅうたんを外しました。スッキリ!
床を拭いて、素足で木の上を歩くのが気持ちいいです。 

 

 

奥にヤマハのグランドピアノ
手前はドリルやったりする机。
左手の机は自習机。早く来たらここで待ってもらっています。
ドアの向こうはお手洗いがあります。

 

 6月が始まって今日が最初のレッスン。
キッズの通う小学校は今週運動会のところが多いみたい。
けがに気をつけて楽しんでね。

つづきを読む

コードっていいね!

2013.5.28

もう5月が終わってしまう〜
そして、本日、近畿地方は梅雨入りしました。

久しぶりの「にこブログ」ですこんにちは!

つづきを読む

おさらい会 2013

2013.4.13

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にこ音楽教室では毎年4月に「おさらい会」と題して
小さな発表会を行っています。
大きなホールでの発表会は9月なので、その予行演習的な位置づけです。

つづきを読む

楽しいから練習するの図式 〜にこで使用している教材〜

2013.4.04

新学期 
みんなも学校で新しい教科書をもらったりするんだね。

今日は「にこ音楽教室」で教材としている楽譜を紹介したいと思います。

小学生以下のキッズを対象とし(進度にもよりますが)
キッズのレッスンバッグに入っているものは以下のような冊数となっています。

  • ピアノの教材2~3冊
  • ドリル1冊
  • ノート1冊  計4~5冊

 

そしてその中身は と言うと
 

  • バーナムピアノテクニック
  • トンプソン 
  • オルガンピアノ/こどものバイエル
  • 遠藤蓉子さんシリーズ(小学1、2年生まで)
  • ギロック/ブルグミュラー
  • マーサミアー
  • その他(こどものチェルニーなど)

 

あまたある教本の中から、今現在、いいなと思ったものを使用しています。
いいなと思う価値観は難しいですが、私の場合、
 

  • 両手で無理なく学べる
  • 曲/エチュードの長さ
  • 和声がきれい/楽しい
  • 知っている曲も入っている(童謡やアニソン、ディズニー等)

(メトードローズとか他にもたっくさんいい教材があるのですが。アカデミックですのである程度進んだキッズには◯。)

 

できるだけ
「練習して→レッスン→うまくなる」
という図より
「楽しいから→弾けるようになりたい→夢中で練習→(レッスン)→うまくなる→誰かに聴いてもらいたいetc…」
という図が理想なので、興味のある曲や適度な長さの曲を織り交ぜることによってモチベーションアップや音楽って楽しいなって思ってもらうレッスンを心がけた、その結果の教材選びにこのような教本があがりました。

ただ指定された教本でなくても、アニソンやポップスが弾きたいとか、
学校のオーディション課題曲とかにも臨機応変に対応しています。

 

楽しい!って感じてもらうこと  
わたし自身、「練習=苦痛」でしたから、この図式には極力ならないようにと。
上達には負荷は必要です。

が!
そこのさじ加減をプロデュースするのが先生の腕の見せ所だと思っていますよ。

 

ってことで先生もがんばるから、みんなもがんばってね〜! 
 

 

 

 

 

 

 

京都で、ホテルの廊下を抜けると!
額に入ってるみたい?!

つづきを読む

春休みおすすめコンサート◎

2013.3.21

 

 

 

 

 

《アンサンブル・リュネット》

関西を中心に日本全国で活躍する男性フルート奏者4人で結成された人気急上昇中パフォーマンス集団。一般に「カタい」イメージがあるクラシック音楽を「身近に、気軽に笑いとともに」というコンセプトを掲げ毎年4月1日(エイプリル・フール)に定期公演を行っている。
 

 

つづきを読む