尼崎にある子供のための音楽教室。お子様ひとりひとりの進度に合わせゆっくり丁寧にレッスン致します。

Twitter
お問い合わせはこちら

にこ音楽教室 NICO Music School

にこのブログ

練習の先には。。

2019.5.10

新緑が鮮やかですね。心地の良い気候となりました。

いつもにこ音楽教室にご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。

さて今回は「練習時間」のお話しをしたいと思います。

ちょっと厳しめのブログです(笑)

 

ピアノだけでなく、何事においても上達には正しい練習が不可欠ですネ。

練習することなしに上達を期待することはできません。

大会に出場となると(まして優勝を目指すなら)野球も水泳も弁論大会で英語を話すのも

なんでもみんな練習しますね。

 

自ら楽器に向かい練習することができるようになるのは大体小学生くらいから、だと思います。

小学生でもお尻叩かれても練習しないキッズもいれば、幼稚園でも自主的に

練習に向かうキッズもいますがマジョリティではありません。

 

一般的には、小さい時は保護者の方の協力、もっと言うと一緒になって練習する

くらいの勢いと情熱がないと、なかなかつまらない練習(練習とはつまらないものです)をしようと

はしないでしょう。外でお友達と遊んだり、ゲームをする方がよっぽど楽しいですもの。

 

にこキッズは練習してくるキッズがほとんどです。練習してきて初めてレッスンがいきますから。

練習していない場合はレッスンが練習時間となるか、他のこと、例えばソルフェージュのワークをしたい

などでレッスンをするので、練習してこなくても大丈夫ですよ!

 

ですので(小学3年生くらいのキッズの)保護者の方には練習させてくれてありがとうございます。

という気持ちが絶えません。みなさん日常でお忙しいですから。本当に助かります。

 

これだけ練習したらこれくらい上手くなる、という具体的な例を挙げることは難しいです。

なぜならそれは個人差があるからです。

絵を描くのが得意な人

鉄棒の逆上がりが練習もしないでできる人

人間には得手不得手/向き不向きというのが、少なからずあるからです。

 

それでも、もしそのことが好きで、その練習が「いやでいやでたまらないほど苦痛」でなければ、

続けてみる価値はあると思います。

 

私が考える練習時間(1日)の目安です。

ピアノを音楽を楽しみたい、情操を養いたい人向けです。

(将来ピアニストにならせたい保護者様、なりたい小学生や中学生、保育科や音楽大学に行きたいという人はまた話しが違ってきます。)

 

幼稚園 ~10分くらいまで

小学校低学年 10分~2,30分

小学校高学年 30分以上

中学生以上 60分〜

 

 

にこ音楽教室で出す宿題をこなすことができる練習の時間です。

もちろん「正しい」練習を何時間もすればするほど上達しますが、

それよりも、「毎日」継続が効果的です。

 

先ほども書きましたが個人差があるので、このくらいの時間を練習してもできない人がいたり

割とすぐできてしまう人がいたりと様々です。

もしあなたがもっと上達を望むならもっと時間をかけて練習する必要があります。

 

 

人は他人と比べてしまいがちです。大体同じ時に始めたのに、私の方が遅い

たくさん練習しているのに、なんで〇〇さんの方がうまいんだろう。。

こんな風に思うことは誰だってあります。

私も思うことありますし、今も私なんてと思ったりしています。

 

でも他人と比べて得るものありますか?

得することがあれば比べたいのですが、得すること、ありません。

もちろん切磋琢磨したり、良きライバル関係は上達を助けてくれます。

そのような仲間を作ることができれば一番良いですが、

私の経験上、一過性には効果があるものの、長く継続させることを思えば

結局自分と向き合う、ということになるのです。

 

キッズの習い事くらいで「こんなたいそうな」こと??とお思いになったでしょうか。

私は、子供の習い事も大人のお稽古ごとも、一緒だと思います。

 

物事は急にそして短い期間で上達しません。

そんなに甘くはない(笑)

私なんて20年以上舞台に立ってもトライ&エラーの繰り返しなのです。

向き不向きの次元を超えています。

 

我慢して、自分を受け入れて、続ける。

辛そう。。。

でも私は続けてます。

なぜなら楽しみもあるからです。楽しみがあることを知っているからです。

その途中で喜びがたくさんあるからです。

自信にもつながります。

仲間ができます。音楽で世界中の人と会話ができます。

正しく楽しい会話をするには、テクニックを身につける練習が必要なのです。

 

一つの物事を長〜く続けていると発見があります。

知らない自分にも出会えます。

神様から「ご褒美」をもらえます。

そのご褒美が何かは、続けた人だけが知っています。

 

次は、大体の人がつまづくレベル(難しくなる瞬間)について書きたいと思います。

 

大塚由貴

***

 

私は、にこにこワークなどの著者である遠藤蓉子さんの言葉が忘れられません。

出席した遠藤蓉子さん講習会で

「全然練習してこないんですが、どうやったら練習してくれますか?」

という、ある講師の先生から遠藤先生に質問。

そしたら遠藤先生オホホホ〜と笑いながら

「練習なんてしませんよ!子供が練習なんてするもんですか〜(ニコニコ)

子供は外で遊ぶ のが仕事。ピアノの練習はしません!」

 

ときっぱりおっしゃってました。